LINK

中古車の売却額を上げるものには、中古車を売却時期タイミングというのも影響があります。

あなたのマイカーを多少でも無駄なく処分することを配慮すれば、少なからず注意するべきポイントがあります。

中古車の見積査定の要点として重視される点に走行距離がまず考えられます。

一般的に走行距離は、車の寿命と考えられる場合もありますので、その車の走行距離が長ければ長いほど、売却額査定にとっては減点材料とされます。

走行距離が5000キロと5万キロではご存知の通りで、自動車の売値価格は相違があります。

走行距離は短ければ短いだけ愛車の見積額は高値になりますが、実はそんなに突っ込んだベースラインはないため決められた基準で査定額が決まります。

例えば、普通車では年間10000キロを基準としてこの走行距離を超えて走っていると大抵査定がマイナスとなります。

軽自動車では、年間標準走行距離が8千キロがまた年数の割には距離がかなり短いケースでも売却額が高値になるとは限りません。

基本的には年式・走行距離に関しての買取査定のポイントは保有年数と比べて適正な走行距離になっているかというところです。

車も該当しますね。

その車の経過年数も、車査定の重要な留意点です。

しっかりと把握してるというような方が多いと思いますが、通常は年式に関しては最近であるほど査定をする上で高評価が出やすいのですが、ごく稀にそのシリーズに特別な価値がある車は、昔の年式でも高く見積してもらえることもあるのです。

また車検です。

もちろん車検というのは現金が必要ですので車検時期までの残月数が大きいほど売却額は高くなると感じる人が多いかもしれませんがそれは誤りで、実際には車検直前でも直後でも中古車の売却額にはほとんど関係がありません。

国産車、低公害ディーゼルエンジン搭載車、故障車、という感じの自家用車のコンディションなども見積額に関係してきます。

車検前は売却を検討するにはタイミングがいいということになります。

つまり、見積額を高額にするために、車検を受けてから査定見積もりしてもらおうと考えるのは車検代が勿体無く、評価されないということになります。

その他に買取業者に査定対象車を売る時期としては2月と8月が狙い目です。

と言いますのも買取業者の決算の時期が3月と9月になっているところがほとんどだからです。

なので例えば1月に売ろうとしたら少し待って2月に中古車の査定見積もりをしてもらって売るのも良いと思います。

所有者事情もあると思いますので、一概に機会に売るわけにもいかないと思いますが、可能ならばこうした時期を狙ってみると良いと思います。