LINK

FX(外国為替証拠金取引)についての面白さは、一つの投資商品でありながら、投資期間を「短期」「中期」「長期」という3つの期間からいずれを選ぶのかということで資本の投下の方法がまるっきり変わってくる点にあると言います。

まずは外貨への投資の「長期の投資」について詳しく見てみよう。

長期投資とは一年以上の出資を原則としているものです。

まず為替相場においては、一年以上経った後のレートは円高になっているだろうか、逆に円安だろうかを推測するなんていうことは多くは無謀なはずです。

現実的には「後々の動きは予想できない」と考えるのが現実でしょう。

予想もできないのになんとか考えようと思っても、そんなことは無理なことです。

そんなわけで、外国の貨幣を買ったとして、買ったタイミングの買いレートよりも円高傾向になったとしても、いつか戻ってくるくらいの気持ちで売り買いにチャレンジすることが大事です。

差益をアグレッシブに狙うことに限定せず、それ以外の収益要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を上げるのを、一番最初の望みということでやりましょう。

もちろん、短期的に為替変動の影響でマイナスがたくさん膨らんでしまうこともあります。

よって、このようなマイナスでもさほど影響を受けないようレバレッジを少なめで抑えるのが重要です。

FX(外国為替証拠金取引)は損失がある範囲よりも増えてしまうと追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったりもしくはロスカットを置くことになります。

ストップロスをしたら、早く売り買いをフィニッシュしなければならず、長期トレードは難しくなります。

この例のようなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍ほどで売買する方が良いでしょう。

次は中期での取引に関してです。

中期のケースでは長くても2ヶ月くらい先々を想定してのやり取りをします。

為替の取引の時は、1ヶ月後のことであればだいたいの場合、推測可能な場合が多いでしょう。

G7を始めとした閣議や、為替の市場で売買している人たちが何をところに関心があるかを調べれば、割りと、見通しがきくはずです。

このような経済情勢を見る一方で、グラフを参考にすることによって、為替レートのレベルを把握する事ができトレードを決めるべきです。

基本的に経済の状況とテクニックのどちらでも光り、あるいは買い傾向が同様であれば予想通りに動いていくと思って良いです。

持ち高を増やすことによってさらに大きなリターンをもらえるに違いありません。

3つ目に短期のトレードのポイント。

ここでの短期トレードというのは、言わばデイトレを示しています。

為替でデイトレを行う際は、経済情勢は全然絡んでいないと断言します。

というのもあくる日の為替レートの変動に経済情勢は反映されないからです。

この場合、コツは大きい出来事があり、それによって為替レートが目立って動く機会を見落とさないようトレードしましょう。

たとえば、アメリカ合衆国にて雇用の情勢が出されるはたまた金融会議等により制作金利が変動するといった催し。

こんな絶好の機会に変移を見逃してはいけないという意味合いで、短期トレードは高度な情報が求められる。