自動車の「全損」とは文字通り車の全部が壊れてしまう場合要するに走ることが出来ないなど自動車としての任務を果たさなくなった際に判断されますが乗用車の保険においての《全損》は少なからず異なる意味があったりします。80-10-86

乗用車の保険においては車が破壊された場合では《全損と分損》などと2種類に分類され、《分損》は修復の費用が補償金でおさまる場面を言い、それとは逆に《全損》とは修復のお金が補償金より高い場合を表現します。80-14-86

普通、修復で《全損》という場合車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない損害が起こったり、乗用車の骨組みが歪んでしまって直すことが不可能な場合リユースか廃棄と判断されるのが普通です。80-8-86

ですが、自動車事故を起こしてディーラーや保険会社がその修理のお金を見積もりした際に、どれほど表面が美しく修理が可能である状態でも修理のお金が保険金よりも大きかったら何のために車の保険にお金を負担しているのか分からないです。80-7-86

そのような場面では(全損)と結論付けて乗用車の所有権を車の保険屋さんに渡して補償額を頂く条件になっています。80-19-86

当然の事ですがかなりの時間運転した車で執着があり自分で直してでも使用したいと思う人はいくらでもいますから事態に応じて車の保険の会社と話すといいのかもしれません。80-2-86

また、乗用車の保険ではこういった場面を考えて特約などの【全損】の際に特約を設けている状態がいっぱりありたとえ自分の車が(全損)なったケースでも車を買い換えるなど代金を一定分払ってくれる場面も実在します。80-12-86

なお盗まれた場合の保険額の特約をつけてると、盗難にあった車が見つけることができない時でも【全損】の扱いで、補償されるようになります。80-4-86

80-13-8680-6-86